神奈川県中郡二宮町 徳富蘇峰記念館 公式ホームページ

※お知らせ  
 ご来館時には検温、マスクの着用、手指消毒など新型コロナウイルス感染拡大防止策へのご協力をお願い申し上げます。

休館日

毎週月曜日と下記特別休館日
(月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館)

開館時間

10:00~16:00

入館料

一般 500円
高校・大学生 400円
障がい者手帳お持ちの方 400円
(スマホ手帳等の提示でも可)
*団体割引 (10名様以上)
       1割引き(450円)
*梅園入園料 100円
(梅花の時期のみ開園)

駐車場

*園内3台・無料

特別休館日

*冬期休館日
*夏期期間

※施設内全面禁煙です。



くまモン来館
         (2013.2.10)
 

 

>
>
「徳富蘇峰愛用の印章コレクション」展

2020年の特別展示                                            

 


 ~初公開~『徳富蘇峰愛用の印章コレクション』展

 
 

会期:2020年1月5日(日)~12月25日(金) 

 

 

 

本年度は、徳富蘇峰が所蔵した印章を一堂に取り揃え、ご紹介します。

姓名、雅号印からユニークなハンコまで、文人・蘇峰が残した印章の世界をお楽しみください。

 

 

展示目録(PDF)はこちらから>>      

2020年特別展示ポスターはこちらから>>

 

<< 展示印刻者 >> 


山田寒山、山田正平、益田香遠、蘆野楠山、落合東郭、高畑翠石、河西笛洲

中道岫雲、田辺玄々、余延年、波木井昇斎、浜村蔵六、遊記山人、清水東翠

佐藤物外、津田竹堂、郡司楳所、足達疇邨、河井荃廬、岡村梅軒


企画展示

 

徳富蘇峰が東条英機首相に贈った「三顆組印」の印影

徳富蘇峰(1863~1957)は太平洋戦争中、言論報国会会長などを務め、言論界の長老として、首相・東条英機(1884~1948)の後ろ盾となっていた。この印影は、蘇峰が戦況不利となった昭和18年4月に発案し、19年5月、東条内閣総辞職の約2か月前に贈り届けた3顆組印のもの。印材は「法隆寺古材」を使用し、蘇峰とも親しい篆刻家・高畑翠石(たかはたすいせき・1879~1957)に彫らせた。蘇峰は東条にふさわしい「18」の雅号を提案し、東条は「謙堂」を選んだ。「慢(心)は損を招き、謙は益を受く。首相極位故に退一歩・謙堂」と蘇峰は、最高位にある首相の一歩退いた穏妥な号の選択を喜んだ。人にハンコを贈ることは、相手の人柄や性格を熟知し、印の知識も必要とする”力仕事”だという。戦況が刻々と変化する中、蘇峰はどのような心境で時の最高権力者・東条の雅号印を用意したのだろうか。恐らくは、愛する日本国の行く末を憂い、戦争の指揮を執る東条を少しでも励まし元気付けたい、そんな一心で贈ったのだろう。関防印の印文「天空海闊=気持ちがさっぱりとして、前が開けていること」にその心の内を見る気がする。印章こそ残されてはいないが、綺麗に押された印影に、戦後75年の時の流れや時代を感じていただけるのではないかと思い、本展「印章展」に合わせて展示を行いたい。
会期:9月15日(火)~12月25日(土)

 

「天空海闊」(関防印)・「臣英機印」(姓名印)・「謙堂」(雅号印」