×
検索条件
検索条件(キーワード)
 

資料一覧 14481 件
資料名 種別 年代 画像 備考
【祝文】「蘇峰帰朝の際の博文館編集員一同の祝文」(明治28年) その他 1895 毛筆書き 「徳富猪一郎君ノ帰朝ヲ祝ス」 31x170cm 蘇峰草稿1-10
【印刷物】プログラム「静岡商業学校 学友会講演部大会次第」 その他 印刷物(プログラム) 14x21cm(二つ折り) 「徳富猪一郎氏講話」 蘇峰草稿1-20
【印刷物】冊子『探訪記者十個条(製本百部限)』(明治42年5月28日) その他 1909 印刷物(冊子) 米国人シュマン氏の意訳 「第一 長篇の記事は、皆な本文第一節に於て、大綱を略叙し、要領を明示すべし。」「於国民新聞編輯局 蘇峰学人」 9x17cm(2冊) 蘇峰草稿1-26
【自筆】手稿「奉祝憲法記念額寄進簿」(明治42年6月18日) その他 1909 毛筆書き 19.5x27cm 蘇峰草稿1-27
【印刷物】揮毫「畢生未得一枝安」(昭和4年11月) その他 1929 印刷物(コロタイプ) 24.5x65cm 蘇峰草稿1-81
【印刷物】序文「久保田辰彦著『いはゆる天誅組の大和義挙の研究』」(昭和6年8月29日) その他 1931 印刷物(ゲラ) 26.5x39.5cmx2枚 蘇峰草稿1-91
【謄写】「蘇物手簡」(昭和5年~21年) その他 1930 万年筆書き 18x25.5cm(和綴) 「本書は終戦前後蘇翁佐倉順天堂佐藤物外博士と往復の手簡也 現在所有者篠塚正樹氏写」 蘇峰草稿1-98
【印刷物】挨拶状「入院慰問御礼」(昭和7年6月吉日) その他 1932 印刷物(コロタイプ) 18.5x53cm 「過般南胃腸病院入院の際・・」 蘇峰草稿1-102
【印刷物】挨拶状「蘇峰会開催且又各方面見学の便宜御計り御礼」(昭和7年12月21日) その他 1932 印刷物(コロタイプ) 19.5x78cm 3部同封 蘇峰草稿1-110
【代筆】年齢早見表「岩公其他年齢表」(昭和7年5月18日) その他 1932 万年筆書き 16x30.5cm 「岩倉、西郷、大久保、孝明天皇、木戸、三条、明治天皇、朝彦親王の生没年と安政元年の時の年齢」など 蘇峰草稿1-115
【印刷物】鑑定書「四柱推命鑑定書 天祥館」(昭和8年12月) その他 1933 印刷物 運命の説明書27x38cmx3枚と鑑定書14.5x18.5cm 「仁藤宛て立半静雄書簡」同封 蘇峰草稿2-159
【印刷物】「東亜調査会規定」(昭和9年2月) その他 1934 印刷物 13x19cm 「第12条 本会の経費は大阪毎日新聞社より支出す」「会長・貴族院議員 徳富猪一郎」 蘇峰草稿2-162
【印刷物】案内状「東亜調査会講演会」(昭和9年9月7日) その他 1934 印刷物(封筒に案内状と出欠返信葉書) 11x16.5cmx13部 「東京日日新聞社内 東亜調査会」「演題並に講演者 日支間の連鎖としての仏教(徳富本会々長) 仏教と支那民族性(鈴木大拙)」 蘇峰草稿2-167
【印刷物】営業報告書「㈱国民新聞社第十八期営業報告書」(昭和10年7月) その他 1935 印刷物 13x19.5cm 「自昭和9年11月1日 至昭和10年4月30日」「株主各位への挨拶状付」 蘇峰草稿2-173
【自筆】メモ書き「床次ファン」(昭和9年10月12日) その他 1934 赤鉛筆書き 7x10.5cm(名刺大カードの両面) 「挙国一致 デモクラシー」 蘇峰草稿2-176
【複写資料】家庭週報第1257号「紀元節に際して蘇峰徳富先生のお話をきく」(昭和10年2月15日) その他 1935 複写資料(雑誌切抜きのコピー) 25.5x37cm 「日本女子大学校桜楓会発行」 蘇峰草稿2-177
【印刷物】パンフレット(内容見本)「満州事変絵画集(偕行社編纂部撰)」(昭和10年3月10日) その他 1935 印刷物 22.5x30.5cmx12頁 「発刊の辞」 蘇峰草稿2-180
【印刷物】絵葉書「日本新聞協会より金婚式御祝に贈呈した名誉会員徳富猪一郎氏同令夫人の寿像」(昭和10年3月16日) その他 1935 印刷物(絵葉書) 9x13.5cm 蘇峰草稿2-181
【印刷物】絵葉書「日本新聞協会々員一同より会長清浦伯爵の御在任十年を祝して贈呈した記念品」(昭和10年3月16日) その他 1935 印刷物(絵葉書) 9x13.5cm 蘇峰草稿2-181
【筆耕】委嘱状「官幣中社鎌倉宮奉賛会評議員を委嘱候也」(昭和10年4月1日) その他 1935 毛筆書き 19.5x27cm 「奉賛会長水野錬太郎」 蘇峰草稿2-182
【印刷物】社報「大阪毎日新聞社報(”仕事を楽め”徳富社賓の演説)」(昭和10年5月15日) その他 1935 印刷物(B4二つ折) 19x26.5cm 「西部総局管内通信会議で」「新聞記者として必要なことを一二お話して見たい」 蘇峰草稿2-185
【印刷物】冊子「秘 五・一五事件擬律要綱 弁護士鈴木富士弥」(昭和10年5月) その他 1935 印刷物(40頁の冊子) 15x22cm 蘇峰草稿2-186
【印刷物】報告書「財団法人国民教育奨励会事業経過」(昭和10年6月) その他 1935 印刷物(報告書) 13x19cm 「蘇峰が赤鉛筆でKEEP 入用 19.9.27」 蘇峰草稿2-187
【印刷物】冊子「養気集」 その他 印刷物(冊子) 9.5x13cmx13頁 「編集者・香雲堂瓜生田君子 発行者・国策推進協会」「皆さん大いに吟じ大いに士気を養って下さい」 蘇峰草稿2-193
【写真】写真資料「支那事変写真 皇軍の文化擁護の実証 天津軍司令部宣伝部」(昭和12年) その他 1937 写真(写真資料印刷裏書有)2枚 9x15cm 10x26.5cm 「皇軍か北平の万寿山(清朝の離宮)に一指も染めす其文化を擁護せるに対する支那側の感謝状」「皇軍が今次支那事変の戦禍の地豊台住民を救助したるに対する支那側の感謝状」 蘇峰草稿2-194
【写真】写真資料「支那事変写真 皇軍の外国人生命財産擁護の実例 天津軍司令部宣伝部」(昭和12年) その他 1937 写真(写真資料印刷裏書有)3枚 9x15cm 9x14cm 9x14cm 「皇軍の外国人生命財産擁護の実例(其一)」「皇軍の外国人生命財産擁護の実例(其二)」「皇軍の外国人生命財産擁護の実例(其三)」 蘇峰草稿2-194
【自筆】覚え書き(備忘録)「二・二六事件に関する覚書」(昭和11年2月28日) その他 1936 万年筆書き 16x17.5cmx8枚(蘇峰学人用箋使用) 「這回の事変は、実に国家重大の不祥事にして、内は国民の信念を撹乱し、外は我か帝国の列国に対する威信を失墜す。」 蘇峰草稿2-195
【自筆】覚書「清浦奎吾翁宛覚書」(大正11年3月4日) その他 1922 万年筆書き 18.5x26.5cm(徳富秘書用箋使用) 「覚 一、大詔渙発の事 一、軍の長老一切予備編入の事 一、少壮内閣の事・・など全7項」 蘇峰草稿2-196
【カーボンコピー】極秘扱文章「日独伊三国条約に関する文章」(昭和11年10月以降) その他 1936 カーボンコピー 24x33cmx12枚(原稿用紙二つ折り) 「封筒と原稿頭に極秘の赤字あり」「昨年喧ましかった日独伊三国条約の交渉は、実は一昨年七月初に日本から申出したもので、世の中で信せられてをるドイツ側から申出したといふことは事実と相違する。」 蘇峰草稿2-197
【毛筆書き】履歴書「岩崎一弥」(昭和11年3月20日) その他 1936 毛筆書き 28x40cmx3枚 「東京日日新聞 部御中」 蘇峰草稿2-200