×
検索条件
検索条件(キーワード)
 

資料一覧 14226 件
資料名 種別 年代 画像 備考
【自筆】原稿「浮田先生」(昭和23年8月22日) 草稿・原稿 1948 万年筆書き 16x18cmx52枚(蘇峰学人用箋使用) 「予と浮田先生と、相識ることの久しかった事は、予の古稀祝賀のために各旧識新知より寄せられたる『知友新稿』の中に、浮田先生の『少年時代の蘇峰君』とある一文を読めば判かる。」 蘇峰草稿4-444
【自筆】原稿「涙骨翁二十枚」(昭和30年6月27日) 草稿・原稿 1955 毛筆書き 20x97cm 「揮毫下書き」 蘇峰草稿5-583
【自筆】原稿「涙骨翁原稿」(昭和27年10月31日) 草稿・原稿 1952 毛筆書き 18.5x350cm 「日本宗教の中枢は仏教なり仏教に乏しきものは経済力なり・・」 蘇峰草稿4-509
【自筆】原稿「焼印2種」(昭和27年1月18日) 草稿・原稿 1952 万年筆・赤鉛筆書き 18x23cmx2枚 「蘇叟九十歳記念以逗子老龍庵松材造之」「蘇峰先生筆静峰生謹刻」見本印譜入り 蘇峰草稿4-484
【自筆】原稿「熊本東船山翁喜寿出版詩集序文」(昭和28年5月8日) 草稿・原稿 1953 毛筆書き 18.5x177cm 「4-513と同内容」 蘇峰草稿5-523
【自筆】原稿「病臥三句戯作俚謡一曲」(昭和31年4月12日) 草稿・原稿 1956 毛筆書き 15x17.5cmx4枚(蘇峰学人用箋使用) 直筆下書きあり 「長寿の賀筵に病魔にか来る。花見の季節に雨か降る。総裁間際に緒方は逝く。ままにならぬか浮世てある。愚痴も苦情も無用てある。仕方かないとあきらむる。・・」「宮田雅丈に贈る」 蘇峰草稿5-592
【自筆】原稿「痴人説夢」(昭和28年1月18日) 草稿・原稿 1953 毛筆書き 19x350cm 「明治十九年予の東京に出つるや最初の目的は薩長藩閥を打破するにありきそれには自由党改進党九州改進党等在野進歩主義者の勢力を糾合し予一挙に帝国議会に於て藩閥政府を打倒するにありと信しその為めに努力せり」「蘇叟九十二」 蘇峰草稿5-519
【自筆】原稿「白柳秀湖翁の『日本女性史話』を読む」 草稿・原稿 万年筆書き 15.5x17.5cmx8枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿6-682
【自筆】原稿「祝正力先生」(昭和32年) 草稿・原稿 1957 毛筆書き 19.5x59cm 「蘇叟九十五」 蘇峰草稿5-623
【自筆】原稿「祝静峰塩崎賢友五十七初度併言志」(昭和30年5月21日) 草稿・原稿 1955 毛筆書き 20x105cm(二稿は160cm) 蘇峰草稿5-579
【自筆】原稿「立野信美君は憂国の士てある」(昭和29年9月30日) 草稿・原稿 1954 鉛筆書き 13x18cm(「あけぼの」原稿用紙使用) 蘇峰草稿6-658
【自筆】原稿「第一旭日丘漫筆 山中寓語」(昭和8年7月25日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx8枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿1-131
【自筆】原稿「第七 旭日丘漫筆 新聞記者としての注文」(昭和8年7月28日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿2-135
【自筆】原稿「第三 旭日丘漫筆 毛蟲退治」(昭和8年7月26日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx8枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿1-133
【自筆】原稿「第九 旭日丘漫筆 五五五〇」(昭和8年7月29日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx8枚(蘇峰学人用箋使用) 第八か? 蘇峰草稿2-136
【自筆】原稿「第二 旭日丘漫筆 世界の現状」(昭和8年7月25日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx8枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿1-132
【自筆】原稿「第二十 旭日丘漫筆 国民的同情心」(昭和8年8月3日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿1-124
【自筆】原稿「第二十一 旭日丘漫筆 無用の用」(昭和8年8月4日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx8枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿1-125
【自筆】原稿「第二十三 旭日丘漫筆 郷土愛」(昭和8年8月5日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿1-127
【自筆】原稿「第二十二 旭日丘漫筆 好意の感応」(昭和8年8月4日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿1-126
【自筆】原稿「第二十五 旭日丘漫筆 八、八、八」(昭和8年8月8日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿1-128
【自筆】原稿「第二十四 旭日丘漫筆 新島先生と唐宋詩題」(昭和8年8月7日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx8枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿2-150
【自筆】原稿「第五 旭日丘漫筆 耐久用としての新聞紙」(昭和8年) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿1-134
【自筆】原稿「第六 旭日丘漫筆 昔の新聞と今の新聞」(昭和8年7月31日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx10枚(蘇峰学人用箋使用) 「小説ても大毎に菊池幽芳君あれは、東朝には夏目漱石君かあった。」 蘇峰草稿2-160
【自筆】原稿「第十 旭日丘漫筆 知と解」(昭和8年7月29日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿2-138
【自筆】原稿「第十一 旭日丘漫筆 憎まれ児」(昭和8年) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿2-139
【自筆】原稿「第十七 旭日丘漫筆 年齢と健康」(昭和8年8月2日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿2-144
【自筆】原稿「第十三 旭日丘漫筆 書籍に関して義公と松雲公との往復一」(昭和8年7月31日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿2-141
【自筆】原稿「第十九 旭日丘漫筆 父と子」(昭和8年8月3日) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx8枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿1-123
【自筆】原稿「第十二 旭日丘漫筆 大安売」(昭和8年) 草稿・原稿 1933 万年筆書き 16x17.5cmx7枚(蘇峰学人用箋使用) 蘇峰草稿2-140